TPN-manoみまもりシステム事務局運営規程案

この規程は、NPO法人多摩胃ろうネットワーク(以下「TPN」と云う)の新規事業として2015520日の総会で承認されたTPN-manoみまもりシステム(以下「TPN-mano」と云う)の事業運営に関し必要な事項を定めるものである。

 

第1条       (目的)TPN-manoは、TPNが総括する独立した組織として運営されるものであり、TPNの定款第3条に基づき、新たにTPN-manoの事務局の組織、運営に関して必要な事項を定める。

第2条       (事務局の設置および総括)TPN-manoの事務を処理するために事務局を設置し、TPNの副理事長(以下「代表」と云う)がこれを総括する。

第3条       (事務分掌)事務局の事務分掌は次のとおりとする。

(1)  諸規定の原案作成、改廃、管理に関すること。

(2)  各委員会、各地域ブロック協議会、その他会議に関すること。

(3)  活動計画、活動報告に関すること。

(4)  委託事業、協力事業に関すること。

(5)  会計および経理に関すること。

(6)  会員の勧誘ならびに登録および管理に関すること。

(7)  その他一般業務の事務処理に関すること。

第4条       (職員)事務局に事務局長ならびに職員をおく。事務局の組織および事務局長以外の職員の職位については、事務局長の意見を徴したうえで代表が定める。

第5条       (職務)事務局長は、代表の命を受けて事務局職員を統括し、事務全般を所掌する。

2.事務局職員は、あらかじめ定められた分担職務を遂行する。

3.職員の分担職務は、代表の命を受けて、事務局長がこれを定める。

第6条       (事務の委任)代表が必要を認めたときは、関係団体等に特定の事務の一部を委任することができる。

第7条       (職員の任免)職員の任免は、代表が行う。

第8条       (職員の就業規則、処遇等)職員の就業規則、処遇(給与、一時金等)については、別に定める規定による。

第9条       (職務の代行)代表に事故あるときは、本規程に定める職務に限り、事務局長が代行する。事務局長に事故あるときは、事務局次長またはこれに準じる者が代行する。

第10条    (入会金および会費)TPN-manoの入会金および会費は次のとおりとする。

(1)  入会金 正会員:5,000円、賛助会員:10,000

(2)  年会費 正会員:12,000円、賛助会員:75,000

第11条    (守秘義務)職員ならびに関係者は、業務上知り得た個人情報をみだりに他に漏らしてはならない。

第12条    (その他の事項)この規程に定めのない事務処理・職務については、職員で協議して代表が裁決する。

(附則)この規程は、平成27520日から施行する。